LTM-1080NX

test04

OJK新ラインナップ、
リープヘル(LTM 1080NX)をご紹介!

コントロール
ジョイスティックタイプの操作レバー(自動復帰式のユニバーサルコントローラ)により電気式パイロットコントロールされます。

油圧駆動装置
ウィンチ回路には圧力補填付流量調整弁を有し、また自動出力調整装置付油圧ポンプにより駆動されます

安全装置および指示計
LICCONⅡ(リコーンⅡ)過負荷防止計が整備され、吊上げ総荷重、作業半径、ブーム長さ、場程、アウトリガー反力などがデジタルで表示されます。
過巻防止装置、ドラム回転計、過巻出し防止装置、油圧安全弁、油圧システム保護用安全バルブが装備されています。
クレーン部キャピンを20度までチルトすることが出来ます。

 

test05
トランスミッション
ZFミッションで”AS-TRONIC”自動制御システムを採用しています。前進12段、後進2段となっております。

車軸
悪路においては、デフロックすることが可能です。また、第1軸を追加駆動することができます。
(オプション設定)

サスペンション
全軸ハイドロニューマチックサスペンションであり、自動水平復帰機能(ニボー)を有しています。
状況に応じて車高を上下に調整可能です。(±100mm)全軸油圧サスペンションをロックすることが可能です。

ステアリング
全ての軸が操舵されます。油圧源として1つは通常時、エンジンで駆動され、もう1つは非常用として駆動軸により駆動されます。

常用ブレーキ
2回路式サーボブレーキが全軸に装備されています。全軸ディスクブレーキを装備しています。また、エディカレント式電磁ブレーキ(テルマブレーキ)を装備しています。

パーキング用ブレーキ
スプリング作動のブレーキが第1軸、第2軸および4軸に作動します。
test06

リープヘル(LTM-1080NX) PhotoGallery